お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 福岡エリア > 糟屋郡新宮町

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「茅葺きの美しさに酔う!」 糟屋郡新宮町 

横大路家住宅(千年家)

糟屋郡新宮町の上府にある「横大路家住宅」は九州で最古、全国でも最古級の民家と言われ、国指定の重要文化財になっています。延暦24年(805年)、かの伝教大師:最澄が独鈷寺の建立のために滞在したことでも知られており、そのお礼に授かった法火は現在も消えることなくおよそ千年の間、燃え続けていることから"千年家"の呼び名でも親しまれています!

茅葺きの美しさに酔う! 茅葺きの美しさに酔う!


開放時間 内部見学 水曜〜日曜 10:00〜16:45
休館日 月曜日、火曜日 ※休館日でも外観の見学は可能です
住所 糟屋郡新宮町大字上府420
駐車場 あり(無料:6台)
お問合せ先 092-963-4567(新宮町観光協会)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:横大路家住宅(千年家)


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

伝教大師:最澄から授かった法火は44代、約千年の間受け継がれ、未だに燃え続けているんだとか!


  • 糟屋郡新宮町(かすやぐんしんぐうまち)の上府(かみのふ)にある「横大路家住宅(よこおおじけじゅうたく)」九州で最古、全国でも最古級の民家と言われ、国指定の重要文化財になっています。延暦24年(805年)、かの伝教大師(でんぎょうだいし):最澄(さいちょう)が独鈷寺(とっこじ)の建立(こんりゅう)のために滞在(たいざい)したことでも知られており、


  • そのお礼に授(さず)かった法火(ほうか:最澄が唐の天台山から持ち帰った法理の火)は現在も消えることなく44代にわたって受け継(つ)がれ、およそ千年の間、燃え続けていることから、現在は"千年家(せんねんや)"の呼び名でも親(した)しまれています。建物は曲(まが)り屋と言われるL字型に折れ曲がった造りで、屋根はすべて茅葺(かやぶ)き!平成12〜14年にかけての補修(ほしゅう)で、その景観(けいかん)の美しさは不動(ふどう)のものとなっています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る