お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 福岡エリア > 春日市

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「眼病への霊験あらたか!」 春日市 

下白水薬師堂

春日市下白水南地区の閑静な住宅街の一角にある「下白水薬師堂」は、かつて、この地で禅宗のお寺として栄えた蓮花寺が、改宗・移転を経て廃寺となった際に残された薬師堂で、大樹に囲まれた自然豊かな境内には、本尊である見事な木造の薬師如来が安置されたお堂をはじめ、寛政6年(1794年)に造られた筑紫地区最大にして最古の石殿のほか、弘法大師や十三仏などもまつられています。また、こちらの薬師如来は「10日間もお参りすれば眼病への霊験がある」と言われ、この地区の字名である“間十日(まどうか)”の由来にもなっています!

眼病への霊験あらたか! 眼病への霊験あらたか!


開放時間 参拝自由
住所 春日市下白水南2丁目
駐車場 あり(常時施錠)
お問合せ先 092-501-1144(教育委員会 文化財課)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:下白水薬師堂


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

お堂には本尊である見事な木造の薬師如来が安置されています!


  • 春日市下白水南地区の閑静(かんせい)な住宅街(じゅうたくがい)の一角にある「下白水薬師堂(しもしろうずやくしどう)」は、かつて、この地で禅宗(ぜんしゅう)のお寺として栄えた蓮花寺(れんげじ)が、改宗・移転(いてん)を経て廃寺(はいじ)となった際(さい)に残された薬師堂で、大樹(たいじゅ)に囲まれた自然豊かな境内(けいだい)には、本尊(ほんぞん)である見事な木造の薬師如来(やくしにょらい)が安置(あんち)されたお堂をはじめ、


  • 寛政6年(1794年)に造られた筑紫地区最大にして最古の石殿(せきでん)のほか、弘法大師(こうぼうだいし)や十三仏(じゅうさんぶつ)などもまつられています。また、こちらの薬師如来は「10日間もお参りすれば眼病(がんびょう)への霊験(れいけん)がある」と言われ、この地区の字名である“間十日(まどうか)”の由来にもなっています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る