お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 福岡エリア > 大野城市

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「日本最大の山城!」 大野城市 

大野城跡

大野城市と糟屋郡宇美町、太宰府市にまたがる四王寺山(標高410メートル)の全域は、現在、「大野城跡」として、かつての大和政権が大宰府防衛のために築いた朝鮮式山城の姿を今に伝えています。全長8キロメートルにわたって土塁や石垣で囲まれているほか、数万人規模で籠城のできる日本最大の山城(国の特別指定史跡)としても知られ、現在も当時を支えた倉庫跡と思われる礎石が点在しています。その他、内外を結んでいた各城門や、日照りの際に鏡を投げ込んで雨乞いしたという鏡池など、各所に歴史情緒あふれる見所が満載。また、一帯は“県民の森”としても整備され、自然や歴史とふれあう憩いの場として多くの方から親しまれています!

日本最大の山城! 日本最大の山城!


住所 大野城市乙金、糟屋郡大字四王寺、太宰府市太宰府ほか
駐車場 山頂に駐車スペースあり
お問合せ先 092-580-1916(ふるさと文化財課文化財担当)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:大野城跡


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

一帯は“県民の森”としても整備された、自然や歴史とふれあう憩いの場!


  • 大野城市と糟屋郡宇美町、太宰府市にまたがる四王寺山(しおうじやま・標高410メートル)の全域は、現在、「大野城跡(おおのじょうあと)」として、かつての大和政権(やまとせいけん)が大宰府防衛(だざいふぼうえい)のために築(きず)いた朝鮮式山城(ちょうせんしきやまじろ)の姿を今に伝えています。全長8キロメートルにわたって土塁(どるい)や石垣で囲まれているほか、数万人規模(きぼ)で籠城(ろうじょう)のできる日本最大の山城(国の特別指定史跡)としても知られ、現在も当時を支えた倉庫跡(そうこあと)と思われる礎石(そせき)が点在(てんざい)しています。


  • その他、内外を結んでいた各城門や、日照(ひで)りの際(さい)に鏡(かがみ)を投げ込んで雨乞(あまご)いしたという鏡池(かがみいけ)など、各所に歴史情緒(れきしじょうちょ)あふれる見所が満載(まんさい)。また、一帯は“県民の森”としても整備(せいび)され、自然や歴史とふれあう憩(いこ)いの場として多くの方から親(した)しまれています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る