お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 福岡エリア > 筑紫郡那珂川町

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「誉高い元寇時の指揮官の眠る地」 筑紫郡那珂川町 

小弐景資の墓

那珂川町山田エリアの民家の庭先に五輪の塔「少弐景資の墓」はひっそりと佇んでいます。少弐景資氏は鎌倉時代、2度に渡る蒙古襲来の際に指揮官として活躍しました。弓の名手でもあったそうで、文永の役では、筥崎に上陸してきた元軍を迎え撃ち、蒙古の副将・劉復亨を矢で射止める功績を挙げたそうです。父・資能の死後、兄・経資との家督をめぐる争いが起こり、岩門城で戦没した景資氏のお墓と伝えられています。

誉高い元寇時の指揮官の眠る地 誉高い元寇時の指揮官の眠る地


開放時間 見学自由
住所 筑紫郡那珂川町山田475付近
駐車場 なし
お問合せ先 092-952-2949(那珂川町商工会)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:小弐景資の墓


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

文永の役で多大な功績を上げた弓の名手のお墓!


  • 那珂川町山田エリアの民家の庭先に五輪塔(ごりんとう)「少弐景資の墓」はひっそりと佇(たたず)んでいます。少弐景資(しょうにかげすけ)氏は鎌倉時代、2度に渡る蒙古襲来(もうこしゅうらい)の際に指揮官(しきかん)として活躍した勇将(ゆうしょう)です。


  • 弓の名手(めいしゅ)でもあったそうで、文永の役(ぶんえいのえき)では、筥崎(はこざき)に上陸してきた元軍(げんぐん)を迎(むか)え撃(う)ち、蒙古(もうこ)の副将(ふくしょう)・劉復亨(りゅうふくこう)を矢で射(い)止める功績(こうせき)を挙(あ)げたそうです。父・資能(すけよし)の死後、兄・経資(つねすけ)との家督(かとく)をめぐる争いが起こり、岩門城(いわとじょう)で戦没した景資氏のお墓と伝えられています。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る