お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 福岡エリア > 筑紫郡那珂川町

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「名横綱・双葉山が建てた墓」 筑紫郡那珂川町 

妙正尼の墓

那珂川町五郎丸にある「妙正尼の墓」に行ってきました。住宅横の細い道を歩いていくと、右手側に急な階段があり、そこを上っていくと、、、発見!すごく立派な墓石が建っていました。木々の間から射す太陽の光に照らされていて、どこか温もりを感じる雰囲気です。こちらのお墓は、名横綱 双葉山が妙正尼の恩に報いるために建てられたものだそうです。妙正尼は東京に教会所を持っていたことがあり、その教会所の近くに相撲部屋がありました。その部屋に所属する双葉山がよく遊びに来ていたそうです。18歳の頃、双葉山が難病を患ったとき、妙正尼は親身になって介抱し、妙音の滝にこもり治癒祈祷を行いました。その甲斐あって、双葉山は難病を克服し、前人未到の69連勝を達成。第35代横綱になりました。名実共に史上最強の横綱であった双葉山の妙正尼に対する感謝が伝わってくるスポットです。

名横綱・双葉山が建てた墓 名横綱・双葉山が建てた墓


開放時間 見学自由
住所 筑紫郡那珂川町五郎丸4丁目
駐車場 なし
お問合せ先 092-953-2211(那珂川町教育委員会)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:妙正尼の墓


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

史上最強の横綱であった双葉山の妙正尼に対する感謝が伝わってくるスポットです!


  • 那珂川町五郎丸(ごろうまる)にある「妙正尼の墓(みょうしょうにのはか)」に行ってきました。住宅横の細い道を歩いていくと、右手側に急な階段があり、そこを上っていくと、、、発見!立派(りっぱ)な墓石(ぼせき)が建っていました。木々(きぎ)の間から射(さ)す太陽(たいよう)の光に照(て)らされて、どこか温(ぬく)もりを感じる雰囲気(ふんいき)です。こちらのお墓は、名横綱(めいよこづな)双葉山(ふたばやま)が妙正尼(みょうしょうに)の恩(おん)に報(むく)いるために建てられたものだそうです。妙正尼は東京に教会所を持っていたことがあり、その教会所の近くに相撲部屋(すもうべや)がありました。


  • その部屋に所属(しょぞく)する双葉山がよく遊びに来ていたそうです。18歳の頃、双葉山が難病(なんびょう)を患(わずら)ったとき、妙正尼は親身(しんみ)になって介抱(かいほう)し、妙音(みょうおん)の滝(たき)にこもり治癒祈祷(ちゆきとう)を行いました。その甲斐(かい)あって、双葉山は難病を克服(こくふく)し、前人未到(ぜんじんみとう)の69連勝(れんしょう)を達成(たっせい)。第35代横綱(よこづな)になりました。名実共(めいじつとも)に史上(しじょう)最強(さいきょう)の横綱であった双葉山の妙正尼に対する感謝(かんしゃ)が伝わってくるスポットです。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る