お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 北九州エリア > 北九州市小倉北区

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「明治の文豪・森鴎外の歴史が息づく」 北九州市小倉北区 

森鴎外旧居

北九州市小倉北区の鍛冶町地区、国道199号線そばにある「森鴎外旧居」は、明治の文豪とうたわれ、また医学にも精通していた森鴎外が、かつて陸軍第十二師団軍医部長として小倉に勤務していた際、最初の1年半を過ごしたとされる住居。氏の胸像に迎えられて宅内に入ると、書斎となっていた座敷や閑静な表庭、ゆかりのある貴重な資料の展示など、当時のままの空間が復元されており、まるで、明治期にタイムスリップしたような感覚を味わえます!

明治の文豪・森鴎外の歴史が息づく 明治の文豪・森鴎外の歴史が息づく


営業時間 10:00〜16:30
料金 入館無料
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日も休館)、祝日、年末年始
住所 北九州市小倉北区鍛冶町1-7-2
駐車場 なし
お問合せ先 093-531-1604
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:森鴎外旧居


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

小倉の大都会の中、歴史情緒に囲まれながらホッと一息こころの安らぐスポットです!


  • 北九州市小倉北区の鍛冶町(かじまち)地区、国道199号線そばにある「森鴎外旧居(もりおうがいきゅうきょ)」は、明治の文豪(ぶんごう)とうたわれ、また医学にも精通(せいつう)していた森鴎外が、かつて陸軍第十二師団軍医部長として小倉に勤務(きんむ)していた際、最初の1年半を過ごしたとされる住居で、後に書かれた「鶏(とり)」の舞台(ぶたい)として、また名訳と言われたアンデルセン「即興詩人(そっきょうしじん)」の翻訳(ほんやく)が行われた場所としても知られています。


  • 氏の胸像(きょうぞう)に迎えられて宅内に入ると、書斎(しょさい)となっていた座敷(ざしき)や閑静(かんせい)な表庭(おもてにわ)、ゆかりのある貴重(きちょう)な資料の展示など、当時のままの空間が復元されており、まるで、明治期にタイムスリップしたような感覚を味わえます。小倉の大都会の中、歴史情緒(れきしじょうちょ)に囲まれながらホッと一息こころの安らぐスポットとして、多くの方に親(した)しまれています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る