お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 北九州エリア > 北九州市八幡西区

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「筑豊炭田の歴史と共に…」 北九州市八幡西区 

川ひらた

北九州市八幡西区の大膳地区にある県立折尾高校の敷地内には、“五平太船”、“川ひらた”と呼ばれる、かつて石炭の運搬で活躍した川船が展示されています。明治24年に若松〜直方間に鉄道が開通するまで地域産業を支える主役として、その数は88,000隻にも及んだと言われています。船の構造は、浅瀬の多い遠賀川や堀川運河での運送に便利なように平たくしてあり、また、大きさも長さ12.2メートル、幅2.1メートルと大型になっています。現在では、折尾高校内に1隻が残されているのみで、その歴史的な価値と、同地区の文化を後世に伝える貴重な史料として県の文化財にも指定されています!

筑豊炭田の歴史と共に… 筑豊炭田の歴史と共に…


開放時間 折尾高校の開放時間に準ずる ※見学には事前の申込みが必要
住所 北九州市八幡西区大膳2-23-1(折尾高校内)
駐車場 あり(無料:折尾高校と共用)
お問合せ先 093-582-2389(北九州市教育委員会文化財課)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:川ひらた


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

今や、折尾高校内に1隻が残されているのみの貴重な文化財です!


  • 北九州市八幡西区の大膳(だいぜん)地区にある県立折尾高校(おりおこうこう)の敷地(しきち)内には、“五平太船(ごへいたぶね)”、“川ひらた”と呼ばれる、かつて石炭の運搬(うんぱん)で活躍(かつやく)した川船(かわぶね)が展示(てんじ)されています。明治24年に若松〜直方(のおがた)間に鉄道が開通(かいつう)するまで地域産業(ちいきさんぎょう)を支える主役として、その数は88,000隻(せき)にも及(およ)んだと言われています。


  • 船の構造(こうぞう)は、浅瀬(あさせ)の多い遠賀川(おんががわ)や堀川運河(ほりかわうんが)での運送(うんそう)に便利なように平たくしてあり、また、大きさも長さ12.2メートル、幅2.1メートルと大型になっています。現在では、折尾高校内に1隻が残されているのみで、その歴史的な価値と、同地区の文化を後世に伝える貴重(きちょう)な史料として県の文化財にも指定されています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る