お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 北九州エリア > 行橋市

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「お墓の主は京都平野の支配者!?」 行橋市 

ビワノクマ古墳

4世紀末頃、長峡川の西側・標高25mの丘陵上に築かれたと言われる県指定史跡『ビワノクマ古墳』に行ってきました。昭和30年(1955年)墓地造成中に発見された古墳で、平成21年(2009年)発掘調査により全長50mの前方後円墳であることが分かったそうです。築造当時に、京都平野を支配した有力者の墳墓とも考えられているそうで、現在では、静かな住宅街の小高い場所に位置する墳丘全体は古墳・墓地として大切に今も守られています。

お墓の主は京都平野の支配者!? お墓の主は京都平野の支配者!?


開放時間 見学自由
住所 行橋市延永(延永バス停南の丘陵上)
駐車場 なし
お問合せ先 0930-25-1111(行橋市役所文化課)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:ビワノクマ古墳


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

全長50メートルもの巨大な前方後円墳とのこと!


  • 4世紀(せいき)末頃(まつごろ)、長峡川(ながおがわ)の西側・標高(ひょうこう)25mの丘陵上(きゅうりょうじょう)に築(きず)かれたと言われる県指定史跡(しせき)『ビワノクマ古墳』に行ってきました。昭和30年(1955年)墓地(ぼち)造成中(ぞうせいちゅう)に発見された古墳で、平成21年(2009年)発掘(はっくつ)調査により全長50mの前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)であることが分かったそうです。


  • 築造(ちくぞう)当時に、京都平野を支配した有力者の墳墓(ふんぼ)とも考えられているそうで、現在では、静かな住宅街の小高い場所に位置する墳丘(ふんきゅう)全体は古墳・墓地として大切に今も守られています。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る