お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 筑豊エリア > 嘉麻市

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「筑豊で最も古い前方後円墳」 嘉麻市 

沖出古墳公園

嘉麻市稲築町の漆生地区、国道211号線すぐそばの「沖出古墳公園」は、約1.5ヘクタールにおよぶ広大な史跡の周囲を整備した公園で、歴史学習や散策など幅広く活用できるスポットとして親しまれています。4世紀から5世紀にかけてつくられたとされる古墳は全長約70メートル、後円部径約35メートルの前方後円墳で、筑豊地区最古のものと考えられています。墳丘に敷かれていた石や埴輪が復元され今も当時に近い姿を見せています。埋葬施設は竪穴式の石室で、その昔、盗掘された際につくられた入り口を利用して、ガラス越しに舟形石棺を見ることが出来ます。また、石室からは大和政権から与えられたと言われる石製の腕飾りが3種類揃って出土し、その歴史的な価値の高さから現在は県指定の史跡にもなっています!

筑豊で最も古い前方後円墳 筑豊で最も古い前方後円墳


開放時間 入園自由
住所 嘉麻市漆生才ノ木78-1
駐車場 あり(無料:10台)
お問合せ先 0948-57-3176(生涯学習課 文化財係)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:沖出古墳公園


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

起伏に富んだ地形や整備された歩道は、史跡の歴史情緒に浸りながらの散歩やウォーキングにピッタリです!


  • 嘉麻市稲築町の漆生(うるしお)地区、国道211号線すぐそばの「沖出古墳公園(おきでこふんこうえん)」は、約1.5ヘクタールにおよぶ広大な史跡(しせき)の周囲を整備(せいび)した公園で、歴史学習や散策(さんさく)など幅広く活用できるスポットとして親(した)しまれています。4世紀から5世紀にかけてつくられたとされる古墳は全長約70メートル、後円部径約35メートルの前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)で、筑豊地区最古のものと考えられています。墳丘(ふんきゅう)に敷(し)かれていた石や埴輪(はにわ)が復元され今も当時に近い姿を見せています。


  • 埋葬施設(まいそうしせつ)は竪穴式(たてあなしき)の石室で、その昔、盗掘(とうくつ)された際につくられた入り口を利用して、ガラス越しに舟形石棺(ふながたせっかん)を見ることが出来ます。また、石室からは大和政権(やまとせいけん)から与えられたと言われる石製の腕飾(うでかざ)りが3種類揃(そろ)って出土し、その歴史的な価値の高さから現在は県指定の史跡にもなっています。古墳の前方には解説プレートや石のベンチが置かれ、実物を前にしての青空教室(学校の野外授業)が開かれる事もあります。四季折々の花を楽しめる眺(なが)めが美しく、起伏(きふく)に富んだ地形や整備された歩道は、史跡の歴史情緒(れきしじょうちょ)に浸(ひた)りながらの散歩(さんぽ)やウォーキングにピッタリです!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る