お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 筑豊エリア > 嘉麻市

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「心が和む石仏様」 嘉麻市 

山野の石像群(五百羅漢)

嘉麻市は山野地区、県指定無形民俗文化財の伝統芸能“山野の楽”で知られる若八幡神社境内の向かい側の丘には、地元から“五百羅漢”と呼び親しまれている「山野の石像群」があります。文永8年(1271年)、妙道という人物が同神社に石仏を奉納したのがはじまりと言われ、大小さまざまな約350体の石像たちは、長い間、風雨にさらされていたためか、一部は形をなしていないものの、みな心がなごむような柔らかい表情で、現在は風化を防止する施設で大切に保管されています!

心が和む石仏様 心が和む石仏様


開放時間 見学自由
住所 嘉麻市山野1609
駐車場 なし
お問合せ先 0948-57-3154(嘉麻市役所)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:山野の石像群(五百羅漢)


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

大小さまざまな約350体の石像たちが見所です!


  • 嘉麻市は山野地区、県指定無形民俗文化財の伝統芸能“山野の楽(がく)”で知られる若八幡神社境内(わかはちまんじんじゃ・けいだい)の向かい側の丘には、地元から“五百羅漢(ごひゃくらかん)” と呼び親(した)しまれている「山野の石像群」があります。文永8年(1271年)、妙道(みょうどう)という人物が同神社に石仏を奉納(ほうのう)したのがはじまりと言われ、大小さまざまな約350体の石像たちは、


  • 長い間、風雨にさらされていたためか、一部は形をなしていないものの、みな心がなごむような柔(やわ)らかい表情で、現在は風化を防止する施設(しせつ)で大切に保管されています。神像や仏像、女性の像のほか、中には豊前地方で見られるような仁王像(におうぞう)もあり、その昔、宇佐八幡宮(豊前市)と交流があったという山野地区の歴史を伝える貴重(きちょう)な資料とされ、県の有形文化財にも指定されています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る