お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 筑豊エリア > 田川郡添田町

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「地域に愛される珠玉の仏像」 田川郡添田町 

中元寺の薬師如来

田川郡は添田町、県道78号線そばにある「中元寺(ちゅうがんじ)の薬師如来」は、平安時代、かの比叡山の高僧・恵心僧都(えんしんそうず)が、この地を訪れた際、人々の病が治るようお祈りするため、薬師如来像とその両脇の日光菩薩と月光菩薩、そして十二神将なる像をつくってお寺を建立したのがはじまりと言われ、現在は薬師堂の中に安置され県指定の文化財となっています!

地域に愛される珠玉の仏像 地域に愛される珠玉の仏像


住所 田川郡添田町中元寺
駐車場 あり(無料)
お問合せ先 0947-82-5964(まちづくり課)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:中元寺の薬師如来


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 古くから地域に愛されている仏様中元寺の薬師如来をご紹介!
  • コメントを頂いた添田町役場商工観光係の長谷川幸治さん。ありがとうございました!


よかとこスタッフの体験レポート

比叡山の高僧・恵心僧都が、人々の病が治るようお祈りするため、薬師如来像をつくってお寺を建立したのがはじまりと言われています!


  • 田川郡は添田町、県道78号線そばにある「中元寺(ちゅうがんじ)の薬師如来(やくしにょらい)」は、平安時代、かの比叡山(ひえいざん)の高僧・恵心僧都(えんしんそうず)が、この地を訪(おとず)れた際(さい)、人々の病が治るようお祈りするため、薬師如来像とその両脇の日光菩薩(ぼさつ)と月光菩薩、そして十二神将なる像をつくってお寺を建立(こんりゅう)したのがはじまりと言われ、現在は薬師堂の中に安置(あんち)されています。


  • 薬師如来は八角六重の裳懸座(ものかげざ:像の衣服が垂れかかる台座のこと)に座っている珍(めずら)しいもので現在は県指定の文化財となっており、また、戦国時代の戦で散(ち)り散りになっていた菩薩像と十二神将も、江戸時代に村人の手で新たに造られ、今もその豊かな表情を見せています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る