お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 筑後エリア > うきは市

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「完全な墳丘と石室が残る貴重な古墳」 うきは市 

安富古墳(安富天満宮)

うきは市吉井町の福益地区、耳納連山のふもとの安富天満宮の境内にある「安富古墳」は、古墳時代の終わり頃に作られたと考えられている直径約15メートルの円墳で、墳丘(古墳の盛り上がり)と石室が完全な形で残っている貴重なもので昭和56年には町の有形文化財に指定されています。随時、スイッチで内部をライトアップできるほか、玄室の天井も高いため、いつでも簡単に内部を見学できるようになっています!

完全な墳丘と石室が残る貴重な古墳 完全な墳丘と石室が残る貴重な古墳


開放時間 見学、参拝自由
住所 うきは市吉井町福益278
駐車場 なし
お問合せ先 0943-75-3343(教育委員会)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:安富古墳(安富天満宮)


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

随時、スイッチで内部をライトアップできる親切設計になっています!


  • うきは市吉井町の福益(ふくます)地区、耳納連山(みのうれんざん)のふもとの安富(やすどみ)天満宮の境内(けいだい)にある「安富古墳」は、古墳時代の終わり頃(6世紀末〜7世紀初頭)に作られたと考えられている直径約15メートルの円墳(えんふん)で、墳丘(ふんきゅう:古墳の盛り上がり)と石室が完全な形で残っている貴重(きちょう)なもので昭和56年には町の有形文化財に指定されています。


  • 随時(ずいじ)、スイッチで内部をライトアップできるほか、玄室(げんしつ)の天井も高いため、いつでも簡単(かんたん)に内部を見学できるようになっています。前室と後室とがあり、巨石が積(つ)み上げられた広々とした空間で古代の歴史情緒(れきしじょうちょ)をじっくりと楽しめます!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る