お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 筑後エリア > 大川市

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「大川市を代表する商家建築」 大川市 

高橋家住宅

大川市の榎津地区にある「高橋家住宅」は、宝永7年(1711年) から続くお酢の醸造元(株式会社 庄分酢)の建物。白壁土蔵造りの伝統的な町並みが残るこのエリアで、築290年以上を誇る代表的な建築物で、その母屋は市の文化財にも指定されています。規模・質ともに、旧吉原家住宅に並ぶ貴重な町屋と言われています。屋内には町とお酢造りの歴史を展示した資料館もあり、大川の魅力にふれられるオススメのスポットになっています!

大川市を代表する商家建築 大川市を代表する商家建築


営業時間 8:00〜18:00
定休日 土・日・祭日
住所 大川市榎津548
駐車場 あり
お問合せ先 0944-88-1535(庄分酢)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 大川市の有形文化財にも指定されている「高橋家住宅」をご紹介!
  • コメントを頂いた庄分酢・常務の高橋陽子さん。ありがとうございました!


よかとこスタッフの体験レポート

築290年を誇る、大川市を代表する商家建築のひとつです!


  • 大川市の榎津(えのきづ)地区にある「高橋家住宅」は、宝永7年(1711年) から続くお酢の醸造元(じょうぞうもと:株式会社 庄分酢)の建物。白壁土蔵(しらかべつちくら)造りの伝統的な町並みが残るこのエリアで、築290年以上を誇(ほこ)る代表的な建築物(けんちくぶつ)で、その母屋(おもや)は市の文化財にも指定されています。規模(きぼ)・質ともに、旧吉原家住宅に並ぶ貴重(きちょう)な町屋と言われています。


  • 屋内には町とお酢造りの歴史を展示した資料館(しりょうかん)もあり、大川の魅力(みりょく)にふれられるオススメのスポットになっています。また、毎年、小保(こぼ)・榎津地区で4月下旬に開催(かいさい)されるお祭り「肥後街道宿場(ひごかいどうしゅくば)を歩く」に合わせて蔵開(くらびら)きも行われ、いつもたくさんの人でにぎわっています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る