お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 筑後エリア > うきは市

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「県を代表する装飾古墳のひとつ」 うきは市 

日岡古墳

うきは市吉井町の県道749号線沿いにある若宮八幡神社の境内にある「日岡古墳」は、全長74メートル、高さ5メートルの装飾古墳で、6世紀後半につくられたと言われています。後円部には横穴式石室があり、奥の壁面には赤・白・緑の3色で同心円文、わらび手分、三角文など幾何学的な文様が描かれ、周囲の壁には武具、魚、船、馬、獣などが色を使い分けて描かれています!

県を代表する装飾古墳のひとつ 県を代表する装飾古墳のひとつ


住所 うきは市吉井町若宮366-6
お問合せ先 0943-75-3343(吉井歴史民俗資料館)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:日岡古墳


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

壁画の文様の芸術性の高さから県を代表する装飾古墳のひとつとして国の史跡に指定されています!


  • うきは市吉井町の県道749号線沿いにある若宮八幡神社の境内(けいだい)にある「日岡古墳(ひのおかこふん)」は、全長74メートル、高さ5メートルの装飾(そうしょく)古墳で、6世紀後半につくられたと言われています。後円部には横穴式石室があり、奥(おく)の壁面(へきめん)には赤・白・緑の3色で同心円文、わらび手分、三角文など幾何学(きかがく)的な文様(もんよう)が描(えが)かれ、周囲の壁には武具、魚、船、馬、獣(けもの)などが色を使い分けて描かれています。


  • その芸術性の高さから県を代表する装飾古墳のひとつとして国の史跡にも指定されています。現在は天井部分の石が崩落(ほうらく)しており、上からのぞき込む形で見学可能となっています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る