お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 福岡エリア > 宗像市

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「真言宗最古の寺院」 宗像市 

鎮国寺

唐から帰国した弘法大師(空海)が宗像大社に礼拝した後、近隣の屏風山に瑞雲がたなびくのを見て、鎮護国家の根本道場として建立したとされる宗像市の「鎮国寺」。こちらは真言宗最古の寺院と言われ、本殿:護摩堂には空海作と伝わる不動明王立像が安置されているほか、宗像大明神の本来の姿である本尊五仏が祀られている五仏堂など見所満載です!

真言宗最古の寺院 真言宗最古の寺院


営業時間 参拝自由
住所 宗像市吉田966
駐車場 あり(無料:160台)
お問合せ先 0940-62-0111
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:鎮国寺


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 豊かな自然に囲まれた境内が美しい!宗像市の「鎮国寺」にやってきました!
  • 春には、約400本の桜が見事に咲く花見スポット。

  • こちらの縁結びのおみくじは効果絶大!という報告も少なくないそうな〜。
  • コメントをいただいた副住職の立部瑞真さん。ご協力ありがとうございました!


よかとこスタッフの体験レポート

早咲きの梅をはじめ、春の桜、つつじ、紅葉など、年中美しい花々を楽しめる自然スポットとしても秀逸です!


  • 唐(とう)から帰国した弘法大師(空海)が宗像大社に礼拝(れいはい)した後、近隣(きんりん)の屏風山(びょうぶやま)に瑞雲(ずいうん:※1)がたなびくのを見て、鎮護国家(ちんごこっか:※2)の根本道場として建立(こんりゅう)したとされる宗像(むなかた)市の「鎮国寺(ちんこくじ)」。※1:めでたい事が起こるきざしとして現れる雲
    ※2:仏教で世の中を安定させようとする政策


  • こちらは真言宗(しんごんしゅう)最古の寺院と言われ、本殿:護摩堂(ごまどう)には空海作と伝わる不動明王立像(ふどうみょうおうりつぞう:国指定重要文化財)が安置(あんち)されているほか、宗像大明神の本来の姿である本尊五仏(ほんぞんごぶつ)が祀(まつ)られている五仏堂など見所満載(みどころまんさい)!また、正月頃に開花する早咲きの梅はじめ、春の桜、つつじ、紅葉など、年中美しい花々を楽しめる自然スポットとしても秀逸(しゅういつ)!その豊かな緑に囲まれた広い境内(けいだい)は、どこか違う世界に足を踏(ふ)み入れたような、独特の心地よい空気感を味わえます。


  • そして面白いのがここの"縁結(えんむす)びのお守り"。何と手にして1週間で恋人にめぐり会えたという例もあるとのこと。何とかあやかりたいものです(笑)


  • また祭事(さいじ)も多く、中でも毎年4月28日には不動明王立像がご開帳(かいちょう)されるほか、同時に火渡りの行事なども行われ、約1万人もの人々でにぎわうんだとか。これまた要注目です!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る