お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 福岡エリア > 春日市

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「日本神話の歴史情緒が息づく」 春日市 

春日神社

春日市を通る県道31号線そばにある「春日神社」は、その昔、天智天皇が中大兄皇子と呼ばれていた時代、この地に現在の日本神話に登場する"天児屋根命"(言霊や祝詞の祖神)を祀ったことが始まりと言われています(現在の春日市の名前の由来)。美しい社殿の周りに生えている見事な11本の楠木は"春日の杜"として県の天然記念物にも指定され、参拝客の心をいやしてくれる緑の空間としても親しまれています!

日本神話の歴史情緒が息づく 日本神話の歴史情緒が息づく


営業時間 参拝自由
住所 春日市春日1-110
駐車場 あり(無料)
お問合せ先 092-581-7551
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:春日神社


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 春日の杜と呼ばれる見事な楠に囲まれた「春日神社」にやってきました!
  • 国指定の重要無形文化財の『婿押し』

  • コメントを頂いた宮司の星野昌徳さん。ありがとうございました!

よかとこスタッフの体験レポート

社殿の周りに生えている見事な11本の楠木は"春日の杜"として県の天然記念物に指定されています!


  • 春日市を通る県道31号線、春日神社入口交差点を北東にほどなく進んだところにある「春日神社」は、奈良県奈良市にある春日大社を総本社とするお社(やしろ)で、その昔、天智天皇(てんじてんのう)が中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と呼ばれていた時代、この地に現在の日本神話に登場する"天児屋根命(あめのこやねのみこと)"(言霊[ことだま]や祝詞[のりと]の祖神[そじん])を祀(まつ)ったことが始まりと言われています(現在の春日市の名前の由来)。


  • 美しい社殿(しゃでん)の周りに生えている見事な11本の楠木(くすのき)は"春日の杜(もり)"として県の天然記念物にも指定され、参拝客(さんぱいきゃく)の心をいやしてくれる緑の空間としても親(した)しまれています。


  • また、毎年1月14日の夜に境内(けいだい)で執(と)り行われる「婿押(むこお)し」なる催(もよお)し(国指定の重要無形文化財)は前年中に結婚した新郎新婦(しんろうしんぷ)を祝福(しゅくふく)する歴史の深い伝統行事で、当日は参道に夜店も並ぶなど、いつも大変にぎわっているそうな!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る