お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 福岡エリア > 筑紫郡那珂川町

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「能面で踊る岩戸神楽が要注目!」 筑紫郡那珂川町 

伏見神社

筑紫郡那珂川町の山田地区、国道385号線沿いにある「伏見神社」は、神功皇后の姉(あるいは妹)である淀姫命(よどひめのみこと)をお祭りするお社で、毎年7月14日に行われる祇園祭で奉納される“岩戸神楽”の舞台として有名となっています。その能面を神楽に用いる珍しい伝統行事は全18番からなる見所で、特に“荒神”という鬼が子どもをさらう舞では、その鬼に抱かれると無病息災のご利益があることから、毎年県内外の子づれの参拝客でにぎわっています!

能面で踊る岩戸神楽が要注目! 能面で踊る岩戸神楽が要注目!


営業時間 参拝自由
住所 筑紫郡那珂川町山田茶屋前880-1
駐車場 なし
お問合せ先 092-952-2092(那珂川町役場)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:伏見神社


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 能面で踊る岩戸神楽が要注目!『伏見神社』をご紹介!
  • コメントを頂いた那珂川町教育委員会の茂和敏さん。ありがとうございました!


よかとこスタッフの体験レポート

ナマズが神様の使いとして崇められており、拝殿にはナマズの絵馬が多数奉納されています!


  • 筑紫郡那珂川町の山田地区、国道385号線沿いにある「伏見神社(ふしみじんじゃ)」は、神功皇后(じんぐうこうごう)の姉(あるいは妹)である淀姫命(よどひめのみこと)をお祭りするお社で、毎年7月14日に行われる祇園祭(ぎおんさい)で奉納(ほうのう)される “岩戸神楽(いわとかぐら)” の舞台(ぶたい)として有名となっています。ナマズが神様の使いとして崇(あが)められており、拝殿(はいでん)にはナマズの絵馬が多数奉納(ほうのう)されています。神社の呼び名は、その昔、異国の襲来(しゅうらい)に備(そな)えて京都伏見の御香宮(ごこうぐう)を合祀(ごうし)したことが始まりと言われています。


  • また、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の九州・島津氏の征伐(せいばつ)の際(さい)、現在の博多区にある櫛田神社(くしだじんじゃ)にも戦火が及(およ)んだことからご神体(しんたい)をこのお社に遷(うつ)し、博多住民も避難(ひなん)して移り住んでいたことが現在の祇園祭に繋(つな)がっています。その中でも能面(のうめん)を神楽に用いる珍しい伝統行事「岩戸神楽」は全18番からなる見所で、特に“荒神(あらがみ)”という鬼が子どもをさらう舞(まい)では、その鬼に抱かれると無病息災(むびょうそくさい)のご利益(りやく)があることから、毎年県内外の子づれの参拝客(さんぱいきゃく)でにぎわっています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る