お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 福岡エリア > 福岡市早良区

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「西新の発展を見守ってきた神社」 福岡市早良区 

紅葉八幡宮

福岡市早良区高取にある「紅葉八幡宮」。子宝・安産や開運祈願などで知られています。正月三が日や七五三の時期には多くの参拝者で賑わっています。
こちらの神社は四百数十年も前の室町時代に現在の福岡市西区橋本に創建されたそうですが、江戸時代、黒田藩の歴代藩主や庶民から厚く信仰され、舞鶴城に近くて参拝に便利にということで現在の西新に移されたそうです。それから明治期に路面電車が計画され、その軌道が境内を横切ったことから、大正2年に、町が一望できる現在の高取に遷宮されました。「紅葉八幡宮」はその名の通り境内には紅葉の木が多く、秋には真っ赤に色づいた紅葉が訪れる人を楽しませています。

西新の発展を見守ってきた神社 西新の発展を見守ってきた神社


参拝時間 9:30〜17:00
料金 開放
住所 福岡市早良区高取1-26-55
駐車場 なし
お問合せ先 092-821-2049
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:紅葉八幡宮


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 西新の発展を見守ってきた神社「紅葉八幡宮」をご紹介!

よかとこスタッフの体験レポート

拝殿の鮮やかな朱色の色彩と紅葉がよく似合います


  • 福岡市早良区高取(たかとり)にある「紅葉八幡宮(もみじはちまんぐう)」。子宝(こだから)・安産(あんざん)や開運祈願(かいうんきがん)などで知られています。
    正月三が日や七五三の時期には多くの参拝者(さんぱいしゃ)で賑(にぎ)わっています。
    こちらの神社は四百数十年も前の室町時代に現在の福岡市西区橋本に創建(そうけん)されたそうですが、江戸時代、黒田藩(くろだはん)の歴代藩主(はんしゅ)や庶民(しょみん)から厚(あつ)く信仰(しんこう)され、舞鶴城(まいづるじょう)に近くて参拝(さんぱい)に便利にということで現在の西新(にしじん)に移されたそうです。
    それから明治期に路面電車(ろめんでんしゃ)が計画され、その軌道(きどう)が境内(けいだい)を横切ったことから、大正2年に、町が一望(いちぼう)できる現在の高取に遷宮(せんぐう)されました。
    「紅葉八幡宮」はその名の通り境内には紅葉の木が多く、秋には真っ赤に色づいた紅葉が訪れる人を楽しませています。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る