お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 北九州エリア > 京都郡みやこ町

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「神幸祭の山笠は必見!」 京都郡みやこ町 

生立八幡神社

京都郡みやこ町犀川の生立地区、県道34号線そばにある「生立八幡神社」は、養老7年(723年)、同町の大村地区に創建され、治暦3年(1067年)に遷座したもので、境内にはご神木の大楠(町の天然記念物)をはじめ、心地よい緑のいこい空間が広がっています。毎年5月の第2日曜日を最終日とする3日間は、“じんじ”の愛称で親しまれている神幸祭(県の無形文化財)が行われ、地元8地区それぞれの山笠(重さ約3.5トン、高さ約15メートル)が神社発祥の大村地区まで巡幸する迫力のイベントになっています!

神幸祭の山笠は必見! 神幸祭の山笠は必見!


営業時間 参拝自由
住所 京都郡みやこ町犀川生立7
駐車場 駐車スペースあり
お問合せ先 0930-33-4666(みやこ町歴史民俗博物館)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:生立八幡神社


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

迫力の神幸祭で知られる歴史深いお社です!


  • 京都郡みやこ町犀川(さいがわ)の生立(おいたつ)地区、県道34号線そばにある「生立八幡神社」は、養老7年(723年)、同町の大村地区に創建(そうけん)され、治暦3年(1067年)に遷座(せんざ:ご神体が移されること)したもので、境内(けいだい)にはご神木(しんぼく)の大楠(町の天然記念物)をはじめ、心地よい緑のいこい空間が広がっています。


  • 毎年5月の第2日曜日を最終日とする3日間は、五穀豊穣(ごこくほうじょう)、悪疫退散(あくえきたいさん)、人畜無災(じんちくむさい)を祈る“じんじ”の愛称で親(した)しまれている神幸祭(じんこうさい:県の無形文化財)が行われ、地元8地区(続命院・山鹿・柳瀬・古川・上本庄・大熊・木山・谷口)それぞれの山笠(重さ約3.5トン、高さ約15メートル)が神社発祥(はっしょう)の大村地区まで巡幸(じゅんこう)する迫力のイベントになっています。ちなみに神功皇后(じんぐうこうごう)の子・応神天皇(おうじんてんのう)が生まれて初めて立った場所であることから、この地を“生立”と呼ぶようになったと言われています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る