お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 筑豊エリア > 田川市

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「川渡り神幸祭の舞台」 田川市 

風治八幡宮

田川市魚町地区、JR伊田駅のすぐそばにある「風治八幡宮」は、その昔、神功皇后が新羅に出兵した際、筑紫から豊浦に向かう途中、立ち寄ったこの地で暴風雨に見舞われたが、社前の大石に腰を掛けて祈祷するとたちまちその嵐が治まった伝説や、この地の大干ばつの際、かの伝教大師(最澄)が祭神の伊田大神に祈願すると恵みの雨がもたらされ穀物が豊かに実った伝説のある霊験あらたかなお社。筑豊地区を代表する福岡県五大祭りのひとつ「川渡り神幸祭」の舞台としても知られています!

川渡り神幸祭の舞台 川渡り神幸祭の舞台


営業時間 参拝自由
住所 田川市魚町2-30
駐車場 あり(無料)
お問合せ先 0947-42-1135
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:風治八幡宮


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 川渡り神幸祭の舞台「風治八幡宮」をやってきました!
  • 福岡県五大祭りのひとつ「川渡り神幸祭」をご紹介!

  • コメントを頂いた宮司の宇都宮誠さん。ありがとうございました!

よかとこスタッフの体験レポート

筑豊地区を代表する福岡県五大祭りのひとつ「川渡り神幸祭」の舞台としても知られています!


  • 田川市魚町地区、JR伊田駅のすぐそばにある「風治八幡宮(ふうじはちまんぐう)」は、その昔、神功皇后(じんぐうこうごう)が新羅(しらぎ)に出兵した際、筑紫から豊浦に向かう途中、立ち寄ったこの地で暴風雨に見舞(みま)われたが、社前の大石に腰(こし)をかけて祈祷(きとう)するとたちまちその嵐が治まった伝説や、この地の大干(だいかん)ばつの際、かの伝教大師(最澄:さいちょう)が祭神の伊田大神に祈願(きがん)すると恵みの雨がもたらされ穀物(こくもつ)が豊かに実った伝説のある霊験(れいけん)あらたかなお社。


  • 筑豊地区を代表する福岡県五大祭りのひとつ「川渡り神幸祭(じんこうさい)」の舞台(ぶたい)としても知られています。この祭りは毎年5月の第3土曜日と日曜日に行われているもので、永禄年間(1558年〜1569年)、この地域に疫病(えきびょう)が流行した際、氏神(うじがみ)である風治八幡宮にその終息(しゅうそく)を祈願し、成就(じょうじゅ)のお礼として奉納(ほうのう)されたことがはじまりと言われています(昭和45年に福岡県無形民俗文化財の第1号に指定)。


  • また、正月には、平成の年号の数だけ段数を重ねる世界最大の門松(かどまつ)が境内(けいだい)に飾(かざ)られることでも有名となっています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る