お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 筑豊エリア > 鞍手郡鞍手町

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「身代わり不動明王が要注目!」 鞍手郡鞍手町 

中山不動尊

鞍手郡鞍手町の中山地区、剣岳のふもとに鎮座する「中山不動尊」は、“身代わり不動明王”として地域に親しまれているもので、本尊の左右には付き従うように童子の像が安置され、その三位一体の調和された美しさは要注目となっています。不動明王像は平安時代後期の作と思われ、虫食いや損傷でかなり痛んでいますが、その力強い怒りの形相は今なお健在で、なおかつどこか優しさがにじみ出るような深い表情には、この像の計り知れない威徳が感じられます。その歴史的な価値の高さから、明治37年という早期から国の重要文化財に指定されており、まさに鞍手の見所のひとつと言えます!

身代わり不動明王が要注目! 身代わり不動明王が要注目!


営業時間 参拝自由
住所 鞍手郡鞍手町中山1404
駐車場 あり(無料)
お問合せ先 0949-42-6735
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:中山不動尊


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 身代わり不動明王が要注目!『中山不動尊』をご紹介!
  • コメントを頂いた住職の後藤覚善さん。ありがとうございました!


よかとこスタッフの体験レポート

お不動さんの力強い怒りの形相は今なお健在です!


  • 鞍手郡鞍手町の中山地区、剣岳(つるぎだけ)のふもとに鎮座(ちんざ)する「中山不動尊(なかやまふどうそん)」は、 “身代わり不動明王” として地域に親(した)しまれているもので、元々は神仏習合(しんぶつしゅうごう)の信仰(しんこう)に関連して同山の中腹(ちゅうふく)にある八剣(やつるぎ)神社の境内仏(けいだいぶつ)として作られたと考えられています。正式名称を「木造不動明王及二童子像(もくぞうふどうみょうおうおよびにどうじぞう)」といい、本尊の左右には付き従うように童子の像が安置(あんち)され、その三位一体(さんみいったい)の調和(ちょうわ)された美しさは要注目となっています。


  • 不動明王像は平安時代後期の作と思われ、虫食いや損傷(そんしょう)でかなり痛んでいますが、その力強い怒りの形相(ぎょうそう)は今なお健在(けんざい)で、なおかつどこか優しさがにじみ出るような深い表情には、この像の計り知れない威徳(いとく)が感じられます。その歴史的な価値の高さから、明治37年という早期から国の重要文化財に指定されており、まさに鞍手の見所のひとつと言えます!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る