お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 筑後エリア > 大川市

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「1800年の歴史を刻むお社」 大川市 

風浪宮

大川市の県道710号線沿いにある「風浪宮」は"おふろうさん"の呼び名で親しまれている、創建から1800年余りの歴史あるお社。航海安全・商売繁盛の神様をお祀りすることで知られるこのお宮の境内には、国の重要文化財に指定されている色鮮やかな本殿、正平十年(1355年)に造られたという石造りの五重塔をはじめ、樹齢2千年と言われる幹周り8mの「白鷺の楠」なる巨木(県の天然記念物)など見所が満載となっています!

1800年の歴史を刻むお社 1800年の歴史を刻むお社


営業時間 参拝自由
住所 大川市酒見726-1
お問合せ先 0944-87-2154
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:風浪宮


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • "おふろうさん"で地域に親しまれるお宮「風浪宮」にやってきました!
  • コメントを頂いた権禰宜:田中伸明さん。お忙しい中お世話になりました!


よかとこスタッフの体験レポート

木工の大川市ならではの組子を用いた木造の灯篭として復元され、2008年2月1日より一般公開されています!


  • 大川市の県道710号線沿いにある「風浪宮(ふうろうぐう)」は"おふろうさん"の呼び名で親(した)しまれている、創建(そうけん)から1800年余りの歴史あるお社。航海安全・商売繁盛(しょうばいはんじょう)の神様をお祀(まつ)りすることで知られるこのお宮の境内(けいだい)には、国の重要文化財に指定されている色鮮(いろあざ)やかな本殿(ほんでん)、正平十年(1355年)に造られたという石造りの五重塔(ごじゅうのとう)をはじめ、樹齢(じゅれい)2千年と言われる幹(みき)周り8mの「白鷺(しらさぎ)の楠(くす)」なる巨木(県の天然記念物)など見所が満載(まんさい)。


  • また、毎年2月8日〜11日にかけては「風浪宮例大祭」なる伝統行事も行われます。邪気退散(じゃきたいさん)を目的とした前夜祭"裸(はだか)ん行"を皮切りに、その後3日間の本祭は15万人余りの参拝客(さんぱいきゃく)と数百もの露店(ろてん)でにぎわう盛大(せいだい)なものとなっています。また、2005年の福岡県西方沖地震で倒壊(とうかい)した石造りの灯篭(とうろう)が、木工の大川市ならではの組子を用いた木造の灯篭として復元され、2008年2月1日より一般公開されています。大川市の技術の粋(すい)を集めた全国にも例がない芸術をぜひご覧(らん)あれ!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る