お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 筑後エリア > 八女市

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「迫力の仁王像が見所!」 八女市 

谷川寺

八女市立花町の谷川地区、県道715号線すぐそばにある「谷川寺」は、神亀5年(728年)に、かの高僧・行基が聖武(天皇の勅願を受けて開いたと言われるお寺(かつては筑後地方随一の大寺と言われていたそうな)。境内に入って最初に目に付くのが、立派な山門とその両脇で鋭く目を光らせている一対の木造仁王像。これも行基の作と伝えられるもので、平成14年に山門と共に修復され、その迫力は未だに衰えることを知りません!

迫力の仁王像が見所! 迫力の仁王像が見所!


営業時間 参拝自由
住所 八女市立花町谷川565
駐車場 なし
お問合せ先 0943-37-0090
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:谷川寺


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 行基作の木造仁王図尾が見所のお寺「谷川寺」にやってきました!
  • コメントをいただいた立花町観光協会の江崎 恵さん。ありがとうございました!


よかとこスタッフの体験レポート

先人が石を積み上げ土を運び作り上げた、まさに努力の結晶:棚田を隅々まで堪能しましょう!


  • 八女市立花町の谷川地区、県道715号線すぐそばにある「谷川寺(こくせんじ)」は、神亀5年(728年)に、かの高僧・行基(ぎょうき)が聖武(しょうむ)天皇の勅願(ちょくがん)を受けて開いたと言われるお寺(かつては筑後地方随一の大寺と言われていたそうな)。境内(けいだい)に入って最初に目に付くのが、立派な山門とその両脇(りょうわき)で鋭(するど)く目を光らせている一対の木造仁王像(もくぞうにおうぞう)。これも行基の作と伝えられるもので、平成14年に山門と共に修復(しゅうふく)され、その迫力は未だに衰(おとろ)えることを知りません。


  • ご本尊(ほんぞん)は木造の薬師如来立像(やくしにょらいりゅうぞう:県指定文化財)で、普段は本堂の中に秘仏(ひぶつ)としておまつりされ、2月と7月の大祭の時だけご開帳(かいちょう)になるんだとか。このほか、谷川寺にはたくさんの仏像が安置(あんち)され、歴史の深さを物語っています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る