お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 筑後エリア > 八女市

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「松尾風流よ永遠なれ」 八女市 

松尾弁財天

八女市立花町の上辺春地区、県道815号線沿いにある「松尾弁財天」(厳島[いつくしま]神社)は、天授4年(1378年)に、辺春能登守義国が創建した四季折々の魅力あふれるお宮で、宝永3年(1706年)に、柳川藩主・立花鑑任が熊本方面に向かう途中でこの神社に休憩に寄った際、地元の人が"松尾風流"と呼ばれる奉納の舞を踊ってもてなしたことから、そのお礼にと弁財天を寄贈し、再興に力を尽くされたと言われています!

松尾風流よ永遠なれ 松尾風流よ永遠なれ


営業時間 参拝自由
住所 八女市立花町谷川565
駐車場 なし
お問合せ先 0943-23-1192 (新社会推進部観光振興課)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:松尾弁財天


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 伝統芸能松尾風流が受け継がれる神社「松尾弁財天」にやってきました!
  • コメントをいただいた立花町観光協会の江崎 恵さん。ありがとうございました!


よかとこスタッフの体験レポート

地元出身の著名な文人たちの思い出の地に今や歴史的に貴重な資料が多数展示されています!


  • 八女市立花町の上辺春(かみへばる)地区、県道815号線沿いにある「松尾弁財天」(厳島[いつくしま]神社)は、天授4年(1378年)に、辺春能登守義国(へばるのとのかみよしくに)が創建した四季折々の魅力(みりょく)あふれるお宮で、宝永3年(1706年)に、柳川藩主・立花鑑任(たちばなあきたか)が熊本方面に向かう途中でこの神社に休憩(きゅうけい)に寄(よ)った際(さい)、地元の人が"松尾風流(まつおふうりゅう)"と呼ばれる奉納(ほうのう)の舞(まい)を踊(おど)ってもてなしたことから、そのお礼にと弁財天を寄贈(きぞう)し、再興(さいこう)に力を尽くされたと言われています。


  • 舞は保存会の協力のもとに受け継(つ)がれ、毎年4月5日に、地元の子どもたちが五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈って踊る「子ども風流」が行われてきましたが、近年の過疎(かそ)・少子化で今後の奉納は難(むずか)しいと言われています。何とか復活してほしいものですね!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る