お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 神社・仏閣 > 筑後エリア > 久留米市

福岡よかとこ.COMテーマ『神社・仏閣』

「三潴はかつて県だった」 久留米市 

弓頭神社

久留米市は耳納連山の最西端、標高312メートルの高良山にある「高良大社」。社殿は江戸時代初期の権現造りで、神社建築としては九州最大のもの。お社の造営は鎌倉時代まで時の天皇自らが裁断して執り行われ、後に「筑後国一の宮」と称えられたとか!江戸時代には歴代久留米藩主から崇敬され、現在の石垣大鳥居(重要文化財)や社殿を寄進されるなどし、大正時代にはついに国幣大社に昇格したそうな!

三潴はかつて県だった 三潴はかつて県だった


営業時間 参拝自由
住所 久留米市三潴町高三潴字宮の脇528-1
お問合せ先 0942-64-3020(三潴公民館)
地図情報

◎ご紹介スポット:弓頭神社


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

明治6年には郷社にも選ばれたという、三潴町内最古の由緒ある神社として知られています!


  • ご紹介するスポットは「弓頭神社(ゆみがしらじんじゃ)」。三潴町内最古の神社として知られ、お祀(まつ)りしているのは水沼別(みぬまわけ=水別君[みぬまのきみ]=景行天皇の子孫とされる筑紫地方の古代豪族)の始祖:国乳別皇子(くにちわけのみこ:映像中では最後を「オウジ」と読んでしまってます。ハズカシー!)。 三潴町は、鎌倉時代以前"水沼の県(みぬまのあがた)"と呼ばれていたそうな。つまりは当時、この地方が沼地であったことが言われているんですね。その現(あらわ)れか、各地の遺跡からはたくさんの貝類が出土しているそうです。そして、こちらの弓頭神社には同じく出土した古代の銅剣や石包丁・石棺(せっかん)などが所蔵され、いずれも町の文化財に指定されているんですって。明治6年には郷社(ごうしゃ:昔の社の格付けのひとつ)にも選ばれたそうですよ。由緒(ゆいしょ)あるお社なんですね〜。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る