お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > ミュージアム > 北九州エリア > 北九州市八幡東区

福岡よかとこ.COMテーマ『ミュージアム』

「大正時代のモダンな洋風建築」 北九州市八幡東区 

旧百三十銀行ギャラリー

北九州市八幡東区の西本町地区、国道3号線沿いにある「旧百三十銀行ギャラリー」は、大正4年(1915年)に大阪を本店とする同銀行の八幡支店として、日銀や東京駅などを設計した辰野金吾氏の設計事務所によって手がけられたもので、現在では市の有形文化財に指定され、市民ギャラリーとして公開されています。外観は赤レンガの鮮やかな色合いが目を引く大正期のモダンなデザイン、館内は天井の高い広々とした空間を純白の柱が支える、まるで神殿を思わせるリッチでレトロな空間が広がっています!

大正時代のモダンな洋風建築 大正時代のモダンな洋風建築


営業時間 10:00〜18:00
料金 美術関係の利用:3000円/1日(時間外は600円/時間)
美術以外の利用:6000円/1日(時間外は1200円/時間)
収益を伴う利用:9000円/1日(時間外は1800円/時間)
休館日 年末年始 (12月29日〜1月3日)
住所 北九州市八幡東区西本町1-20-2
駐車場 あり(無料:15台)
お問合せ先 093-661-9130
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:旧百三十銀行ギャラリー


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

大正期のモダンな建物を生かして絵画や写真の展覧会、演劇など様々な用途に利用されています!


  • 北九州市八幡東区の西本町地区、国道3号線沿いにある「旧百三十銀行ギャラリー」は、大正4年(1915年)に大阪を本店とする同銀行の八幡(やはた)支店として、日銀や東京駅などを設計した辰野金吾(たつのきんご)氏の設計事務所によって手がけられたもので、現在では市の有形文化財に指定され、市民ギャラリーとして公開されています。外観(がいかん)は赤レンガの鮮やかな色合いが目を引く大正期のモダンなデザインで、各部には幾何学的(きかがくてき)な模様(もよう)が施(ほどこ)されているほか、また洗出(あらいだ)しと呼ばれる技法(ぎほう)で石造りの風合いが漂(ただよ)っています。


  • 館内は天井の高い広々とした空間を純白の柱が支える、まるで神殿(しんでん)を思わせるリッチでレトロな空間が広がっており、その華(はな)やかな雰囲気(ふんいき)を生かして、絵画や写真の展覧会(てんらんかい)、演劇(えんげき)など様々な用途に利用されています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る