お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > ミュージアム > 北九州エリア > 北九州市門司区

福岡よかとこ.COMテーマ『ミュージアム』

「電話・電信の進化を体感!」 北九州市門司区 

門司電気通信レトロ館

大正13年建設の『内田式流水防火装置』にて昭和20年の門司大空襲も乗り越え、今も残る貴重な建物「門司電気通信レトロ館」。知る人ぞ知る建築家、山田守(やまだまもる)さんの設計した建造物で有名・なおかつユニークな造り。天井が斜めに見える、まるでトリックアートのような空間もあり、ちょっぴり遊び心ある設計に心ひかれます。今では大変貴重になった大正時代の旧型交換機からつい最近まで使用されていた新型交換機、明治時代から現在までの電話機展示などを見て・学んで・体験出来て魅力満載!!交換機体験できっと大正時代の電話交換手になった気分になれるでしょう(笑)電話・電信の仕組みや進化に感動する事が出来るおススメスポットです!

電話・電信の進化を体感! 電話・電信の進化を体感!


営業時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
料金 入館無料
定休日 月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
住所 北九州市門司区浜町4-1
駐車場 あり(無料:7台)
お問合せ先 093-321-1199
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:門司電気通信レトロ館


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 電話・電信の進化を体感!『NTT門司電気通信レトロ館』をご紹介!
  • コメントを頂いた館長の谷口望さん。ありがとうございました!


よかとこスタッフの体験レポート

トリックアートのようなちょっぴり遊び心ある空間の設計に心ひかれます!


  • 大正13年建設の『内田式流水防火装置』(うちだしきりゅうすいぼうかそうち)にて昭和20年の門司大空襲(もじだいくうしゅう)も乗り越え、今も残る貴重(きちょう)な建物「門司電気通信レトロ館(もじでんきつうしんれとろかん)」。知る人ぞ知る建築家(けんちくか)、山田守(やまだまもる)さんの設計した建造物で有名・なおかつユニークな造り。天井が斜めに見える、まるでトリックアートのような空間もあり、ちょっぴり遊び心ある設計に心ひかれます。


  • 今では大変貴重になった大正時代の旧型交換機からつい最近まで使用されていた新型交換機、明治時代から現在までの電話機展示などを見て・学んで・体験出来て魅力満載!!交換機体験できっと大正時代の電話交換手になった気分になれるでしょう(笑)電話・電信の仕組みや進化に感動する事が出来るおススメスポットです!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る