お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > ミュージアム > 筑後エリア > うきは市

福岡よかとこ.COMテーマ『ミュージアム』

「吉井の歴史を物語るコレクション」 うきは市 

金子文夫資料展示館

うきは市は吉井町、県道511号線沿いにある「金子文夫資料展示館」は、地元の郷土史家であり、福岡県の考古学会の先駆者的な存在でもある金子文夫氏が長年にわたって集めた貴重な民俗・歴史・考古資料、そして金子家の遺品などを保存公開するためにつくられた施設。現在も整理中だという所蔵品の数は実に数十万点におよぶ膨大なもので、華やかなひな道具をはじめ見所満載となっています!

吉井の歴史を物語るコレクション 吉井の歴史を物語るコレクション


営業時間 9:00〜16:30
料金 入館無料
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日休)、年末年始(12月29日〜1月3日)
住所 うきは市吉井町1316-3
お問合せ先 0943-75-3343
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:金子文夫資料展示館


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 郷土史家:金子文夫氏のコレクションを公開した「金子文夫資料展示館」をご紹介!
  • コメントを頂いた管理人:高浪峰子さん。お世話になりました!


よかとこスタッフの体験レポート

所蔵品の数は実に数十万点と膨大で、郷土の歴史をいろんな角度で振り返る充実のスポットになっています!


  • うきは市は吉井町、県道511号線沿いにある「金子文夫資料展示館」は、地元の郷土史家であり、福岡県の考古学会の先駆者(せんくしゃ)的な存在でもある金子文夫氏が長年にわたって集めた貴重(きちょう)な民俗・歴史・考古資料、そして金子家の遺品(いひん)などを保存公開するためにつくられた施設(しせつ)。


  • 現在も整理中だという所蔵(しょぞう)品の数は実に数十万点におよぶ膨大(ぼうだい)なもので、華(はな)やかなひな道具をはじめ、髪飾(かみかざ)り、陶磁器(とうじき)、鎧(よろい)、珍(めずら)しいところでは刀の鍔(つば)が多数展示されているなど、郷土の歴史をいろんな角度で振り返る充実(じゅうじつ)のスポットになっています。吉井町では、この施設を地域おこし・生涯学習の拠点(きょてん)として、今後も活用されていくんだそうです!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る