お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > イベント > 筑後エリア > 朝倉市

福岡よかとこ.COMテーマ『イベント』

「河川敷の幻想的な夜を堪能!」 朝倉市 

甘木川花火大会

毎年8月の下旬、甘木川畔に祭壇を設けて、先祖供養、家内安全、無縁仏の供養などの祈願をする伝統行事・流灌頂(ながれかんじょう)法要会の一環として開催されている「甘木川花火大会」。明治11年(1878年)から続く行事の歴史の中でこの花火大会が最初に行われたのが大正15年(1926年)。現在では甘木の夏の風物詩として地域一番のにぎわいを見せるイベントとなっています!

河川敷の幻想的な夜を堪能! 河川敷の幻想的な夜を堪能!


期間 毎年8月下旬
住所 朝倉市(小石原川甘木橋下流)
お問合せ先 0946-22-3835(朝倉商工会議所)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:甘木川花火大会


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

夜の小石原川に映える露店の灯りと花火の美しさに酔いしれる地域一番のイベントになっています!


  • 毎年8月の下旬、甘木川畔(あまぎかはん)に祭壇(さいだん)を設(もう)けて、先祖供養(せんぞくよう)、家内安全、無縁仏(むえんぼとけ)の供養などの祈願(きがん)をする伝統行事・流灌頂(ながれかんじょう)法要会の一環(いっかん)として開催(かいさい)されている「甘木川花火大会」。明治11年(1878年)から続く行事の歴史の中でこの花火大会が最初に行われたのが大正15年(1926年)。現在では甘木の夏の風物詩(ふうぶつし)として地域一番のにぎわいを見せるイベントとなっています。


  • 会場の甘木橋周辺の河川敷(かせんじき)には約120店舗(てんぽ)の露店(ろてん)がひしめき合い、辺りは一面黒山の人だかり。小石原川に映(は)える夜店の灯(あか)りと花火の美しさに酔(よ)いしれる夢のひとときです。夜空と川面(かわも)を彩(いろど)る様々な打ち上げ花火と、約200メートルの区間にびっしりと置(お)かれた仕掛(しか)け花火の演出(えんしゅつ)の数々はここでしか味わえません!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る