お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 地域観光 > 福岡エリア > 筑紫野市

福岡よかとこ.COMテーマ『地域観光』

「二日市で温泉三昧♪」 筑紫野市 

御前湯

JR二日市駅そば、柳並木の風情ある美しい温泉街の一角「御前湯」。こちらは1300年以上もの歴史ある二日市温泉のひとつで、かつては筑前藩主:黒田長政公が、代々温泉奉行を置いて管理運営させていたそうで、明治維新後は公衆浴場として一般に利用され、福祉センター開館に当たって由緒あるこの名前を継承したとのこと。館内はどこか懐かしい雰囲気のただよう憩い空間。温泉も広々としていて、毎日の疲れを癒すにはもってこいです!

二日市で温泉三昧♪ 二日市で温泉三昧♪


営業時間 入湯:9:00〜21:00休憩室:9:30〜17:00
料金 入湯料:大人 200円、小人100円休憩室利用料(入場料を含む):大人 500円、小人 250円
定休日 毎月第3水曜日、元日
住所 筑紫野市二日市湯町2-4-12
お問合せ先 092-928-1126
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:御前湯


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。


よかとこスタッフの体験レポート

館内はどこか懐かしい雰囲気のただよい、温泉も広々としているので毎日の疲れを癒すにはもってこいです!


  • 二日市の温泉は1300年以上もの長い歴史があるそうで、そんなことを全く知らなかったスタッフは、(たるみすぎだったので)ちょっぴり気を引き締めて温泉街を探索してみることに。 JR二日市駅を降りて南西の方向にちょっと足を運ぶと、そこには柳並木の美しい温泉街が。しばらくその風情にひたりながら歩いていると、なんだかパッと見ると旅館のような風格の建物を発見。看板を見ると「御前湯(ごぜんゆ)」と。しかも、人が大勢並んでいる! おお、これは名のある温泉に違いないと、さっそく入ってみました。


  • 中に入ってみると、表の風格とはまた一味違う、どこか懐かしい雰囲気がただよっていて、スタッフの引き締まった気分も緩みっぱなし。


  • 「御前湯」所長の鹿田東男さんにお聞きすると、御前湯は、黒田長政公が筑前藩主になってから作らせたもので、代々温泉奉行を置いて管理運営させていたそうな。明治維新後は公衆浴場として一般に利用され、福祉センター開館に当たって、由緒あるこの名前を継承したとのこと。由緒ある温泉ということで、メインの温泉も広々としていて、毎日の疲れを癒すにはもってこい。


  • お客さんにはそんなリピーターの方も多いんだろうな〜と思いをはせつつキョロキョロ見回していると、パン屋の「パンだ!屋」さんが売店付近でゴソゴソと。なんだろなと近づいてみると、できたてホヤホヤのパンを並べてらっしゃるじゃありませんかー。 鹿田さん曰く、毎朝出来たてのパンを持ってきて頂いているそうで、朝から何も食べていなかったスタッフは匂いにつられ、仕事中にも関わらずメロンパンコーヒー牛乳という入湯後の定番を堪能。 ここのメロンパンはお客さんにも大人気ということで、お腹がすいていたことを抜きにしてもウマい! 外側のサクサク感と内側のもっちり感、コーヒー牛乳のほろ苦い甘みで引き立つうまみ、えもいわれぬ至福の時ですね、これは〜。


  • そんな満足げなスタッフの視界に何やら大仰なイスが。しかもリモコンみたいなものが付いている。…これはもしやマッサージチェアとかいう代物では? いや、驚くほどのものじゃないのは分かってるけど、電器屋さんで堂々とマッサージチェアに座る度胸のない小心者スタッフは、初めて座るマッサージチェアに感動。こりゃーいい! 温泉で疲れを癒し、メロンパンでお腹を満たし、マッサージチェアでくつろぐ。これ以上なにを持ってこいって感じですね〜。いや〜満足満足。

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る