お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 地域観光 > 筑豊エリア > 宮若市

福岡よかとこ.COMテーマ『地域観光』

「悪を吹き飛ばせ!」 宮若市 

猫の駅(追い出し猫)

宮若市内、県道30号の飯塚・福間線沿いにあるJR九州のバス停、通称「猫の駅」。こちらは古くから宮若市に伝わる"追い出し猫"という民話を元に作られたもので、満面の笑みを浮かべる巨大まねき猫のような愛らしい姿が、地元住民のみならず、観光客にも評判とか。またこの追い出し猫をモチーフにした人形は地元特産品として広く人気を集め、現在では地域のマスコット的存在として親しまれています!

悪を吹き飛ばせ! 悪を吹き飛ばせ!


営業時間 見学自由
住所 宮若市福丸181-8
駐車場 なし(無料)
お問合せ先 0949-52-3666(追い出し猫振興会)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:猫の駅(追い出し猫)


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • まねき猫ではありません!悪を退散させる追い出し猫を模したバス停なんです!
  • 特別に追い出し猫の人形の絵付けを撮影させていただきました。


よかとこスタッフの体験レポート

満面の笑みを浮かべる巨大まねき猫のような愛らしい姿が、地元住民のみならず観光客にも評判とか!


  • 宮若市内、県道30号の飯塚・福間線沿いには巨大なネコが住んでいます。それも人の身の丈(たけ)をこえる大きさだという。その噂(うわさ)を聞きつけて向かったスタッフが目にしたのは、満面(まんめん)の笑みを浮(う)かべる巨大まねき猫のような物体。実はこれは宮若市に伝わる"追い出し猫"という民話を元に作られたJR九州のバス停、通称"猫の駅"なんです。 その昔、ネコ好きな和尚(おしょう)さんがお寺に住みついた大ネズミに襲(おそ)われたところを命がけで救った飼い猫とその仲間たち。長時間の死闘(しとう)の末、退治には成功しましたがネコもたくさん死んでしまいました。和尚さんはネコたちを哀(あわ)れんで猫塚を作ってその死を悼(いた)んだそうな。


  • その猫塚が今も猫の駅の裏手(うらて)に残っています。福を呼ぶまねき猫ならぬ悪を退散(たいさん)させるこの宮若追い出し猫は旧若宮町のマスコット的な存在で、その人形は地元の特産品として多くの方に親しまれています。今回は宮若市観光協会にて宮若追い出し猫振興会の明利真由美(めいりまゆみ)さんにその制作行程の一部を特別に見せていただきました。命を吹き込む絵付けの瞬間(しゅんかん)です。ぜひ映像をご覧(らん)あれ!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る