お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > テーマパーク > 北九州エリア > 北九州市小倉北区

福岡よかとこ.COMテーマ『テーマパーク』

「都会の大自然!」 北九州市小倉北区 

到津の森公園

都会のド真ん中に突如大自然が現れた!北九州市小倉北区の自然テーマパーク「到津の森公園」。ここには様々なテーマで分かれたゾーンに約100種・550点もの動物たちが暮らし、それぞれが「自然な状態で間近で見られる・触れる」ことを意識した体験重視型。その他の動物についても、全てを柵で囲まないガラスビューにするなど、クリアな視界が最大限に配慮された心憎い演出!巨大観覧車やメリーゴーランド、踏切付きの本格的な機関車など、楽しい遊具も満載で、まさに都心と大自然が見事に融合したスポットと言えます!


★情報募集中★
2009年2月24日夕方から25日早朝にかけて、園内からいなくなったプレーリードッグ5匹(オス1匹とメス4匹)の情報を募集中です。些細なことでも結構ですので、何かご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をお寄せください。画面下部の「情報掲示板」にてお待ち致しております。

都会の大自然! 都会の大自然!


営業時間 9:00〜17:00
料金 入園料:大人 800円中高生 400円、4歳〜小学生 100円
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始 ※3〜5月、8月は無休
住所 北九州市小倉北区上到津4-1-8
駐車場 あり(有料)
お問合せ先 093-651-1895
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:到津の森公園


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 都会のド真ん中に大自然発見!!到津の森公園にやってきました!
  • そこはまさにアフリカのサバンナ!自然界を垣間見られる「草原の世界」

  • みんなの心をつかんで離さない!ときめいてしまうほどかわいいモルモット!
  • 何を見つめるアライグマさん?そう、それは私が持ってるエサです(笑)

  • チンパンジーがここまで大きいとは!ご先祖様には頭があがりません・・。
  • 思わず笑っちゃうフクロテナガザル。これを見るだけでも価値大ありです!

  • 里のいきもの館のギラファオオクワガタ。まだまだいっぱいいますよ!
  • 南ゲートすぐそばの巨大なバードゲージ。一歩踏み入れればそこは鳥の世界!

  • メリーゴーランドをはじめ、いろいろな楽しい遊具が満載です!!
  • コメントを頂いた企画係の瀬戸千春さん。いろいろとお世話になりました!


よかとこスタッフの体験レポート

都心と大自然が見事に融合した自然体験型テーマパーク。動物たちを間近で見られる・触れる配慮も嬉しいですね!


  • 動物好きの方にはたまらない「到津の森公園(いとうづのもりこうえん)」のご紹介です。 北九州都市高速道路の山路出入口を出て、七条交差点を小倉方面に右折、約3kmほど進んだところにある、まさに都心のド真ん中のスポット!ビルや建物が建ち並ぶエリアにこれほど大自然の魅力たっぷりなテーマパークがあろうとは驚(おどろ)きです! ここ到津の森公園には様々なテーマで分かれたゾーンに約100種・550点もの動物たちが暮らしていて、それぞれが「自然な状態で間近で見られる・触れる」ことを意識した体験重視型。 触(ふ)れることのできない動物についても、全てを柵(さく)で囲まないためのガラスビューなど、クリアな視界を確保するために最大限の配慮(はいりょ)がされています。今回は、その中でも到津の森公園で一押しのポイントを押さえていきましょう!


  • 最初にやってきたのは「草原の世界」ゾーン。そこはもはやサバンナの世界。シマウマやキリン、フラミンゴなど様々な生き物が同じエリアに生息しています。その奥にはライオンの姿も…!! 厳しい自然の情景(じょうけい)がここに集約(しゅうやく)されていると言っても過言(かごん)ではありません。もちろんどの動物も安全に暮らせるように工夫されていますよ(笑)その工夫に気づかせない仕掛けが心憎(こころにく)いところです! 他にも、定番のニホンザルや珍しいミーアキャットなど、自然特集テレビ番組さながらのバリエーションに大満足のコーナーです。


  • そのお隣(となり)「ふれあい動物園」ゾーンは、文字どおりカワイイ動物たちと触れあえる体験エリア。放し飼いのアヒルたちを眺(なが)めたり、ロバに乗ったり、ヤギにエサをあげたり…。ここでは動物たちとの距離が限りなくゼロに近づく密着スポットです。 そして無類のねずみ好きのレポーターにトドメを刺したのがこちらにあるモルモット&ウサギ小屋。ちょうど飼育員の白石明日香さんと体験学習中の柳西中学校2年の桝本景汰くんが中の草布団を交換されている最中でしたが、そのあまりの愛らしさに、半ば強引にお手伝いをさせて頂きました(笑)動画ではまじめに作業をするレポーターに見えますが、実際は心ここにあらずな状態でした(苦笑)


  • そしてアライグマもかわいいですよ〜。エサをあげるときのヤツらのつぶらな瞳には参ってしまいました…。レポーター的には「いくらでも、もってけ〜!」な気分でした(笑)


  • お次は「林床(りんしょう)の世界」ゾーン。こちらはお猿さんを中心にトラやゾウ、鳥さんなど様々な生き物が池や川、樹木の茂った林の中で生活する環境を再現したエリアです。その種類の多さもサルことながら、目玉はガラスビュー越しに見るチンパンジーとトラ、そして鼻を伸ばせばタッチできる距離に暮らすゾウ! チンパンジーと始めて出会ったレポーターは、その大きさにビビりまくり。人間のご先祖さまというのも間違いじゃなさそうです(笑)15mもあるタワーを駆け上る姿は自由奔放(じゆうほんぽう)で、仕事疲れのレポーターは思わず「楽しそうでいいな〜」と見つめてしまいました(涙)そしてトラさんですが…ぐっすりお休みのようでした。うらやましい〜(笑)


  • そして今回、到津の森公園さんにお邪魔して最大のヒットだったのが「樹冠(じゅかん)の世界」ゾーンにいる「フクロテナガザル」!!最初は普通の黒いお猿さんだと思っていたんですが、カメラを向けた途端(とたん)、のど元にあるフクロをふくらませて「ムゥ〜〜ン♪ウホウホウホウホウホウホ♪」と異常な陽気さで鳴きだしたじゃありませんか〜。 余りの強烈さにこっちも笑いで吹き出してしまいました(笑)周囲4kmにも響き渡ると言われるその鳴き声は、学説によれば縄張り誇示(こじ)の役割があると言われているそうですが、レポーターはなんとなく笑っているように感じましたね〜。 ほら、笑いは伝染するって言うじゃないですか(笑)カメラを向けた途端というのにも、パフォーマーの才能を垣間(かいま)見た気がします(笑)


  • 北ゲート近くにある「郷土の森林」では、タヌキ、ムササビ、野ウサギなど森の中の小動物をはじめ、鳥たちもたくさん住んでいます。自然を生かした体験学習もできるこのエリアで要注目なのは「里のいきもの館」なる施設。 こちらでは季節ごとに変化する里のいきもの(小型のほ乳類やは虫類、両生類、昆虫など)を展示していて、男の子が泣いて喜ぶカブトムシやクワガタも生きたまま本物が展示されています。某カードゲームで火がついた昆虫ブームの最中、この施設は目が離せませんね!


  • この他、サギやトキの仲間など18種150羽の鳥たちが暮らす巨大なバードゲージのある「郷土の水辺」ゾーンや・・・


  • メリーゴーランドに園内をくまなく見渡せる大きな観覧車、ミニモノレール、踏切付きの本格的な機関車など、楽しい遊具がいっぱいの「園地」ゾーンなど、まだまだおすすめエリアが山ほどありますよ。


  • 都心と大自然が見事に融合(ゆうごう)した自然体験型テーマパーク「到津の森公園」に、ぜひ一度おいであれ!!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る