お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > ミュージアム > 筑後エリア > 朝倉市

福岡よかとこ.COMテーマ『ミュージアム』

「茶器の魅力に酔いしれる」 朝倉市 

秋月美術館

桜の名所として有名な朝倉市は秋月地区の"杉の馬場"。その入り口すぐそばにある「秋月美術館」は、黒田藩の御用窯「高取焼」の桃山時代から幕末までの約100点におよぶ茶器の名品を中心に、彫刻品や掛け軸、彩り鮮やかな壺類など、個人で集めたとは思えないほど豊富な逸品ぞろいの充実スポット。入り口から見える1本のカエデの木の美しさも見所となっていて、秋の紅葉シーズンには記念撮影が後を絶たない名所のひとつとなって
います!

茶器の魅力に酔いしれる 茶器の魅力に酔いしれる


営業時間 10:00〜17:00 (入館は16:30まで)
料金 大人 500 円
休館日 年中無休(1〜2月に休館の場合あり)
住所 朝倉市秋月野鳥695-1
駐車場 なし
お問合せ先 0946-25-0895
地図情報

◎ご紹介スポット:秋月美術館


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 茶器の名品など多数の名品を取り揃える「秋月美術館」にやってきました!
  • コメントを頂いた管理人の徳永あつみさん。お忙しい中ありがとうございました!


よかとこスタッフの体験レポート

入り口から見える1本のカエデの美しさも見所で、秋の紅葉シーズンには記念撮影が後を絶ちません!


  • 桜の名所として有名な朝倉市は秋月地区の"杉の馬場"。その入り口すぐそばにある「秋月美術館」は、黒田藩(くろだがはん)の御用窯(ごようがま)「高取焼(たかとりやき)」の桃山時代から幕末(ばくまつ)までの約100点におよぶ茶器の名品を中心に、彫刻品(ちょうこくひん)や掛(か)け軸(じく)、彩(いろど)り鮮(あざ)やかな壺類(つぼるい)など、個人で集めたとは思えないほど豊富(ほうふ)な逸品(いっぴん)ぞろいの充実(じゅうじつ)スポット。


  • 展示コーナーでは、普段は隠れて見えない茶器の底面が鏡(かがみ)に映し出される透明な台座が使われており、器の魅力(みりょく)を丸ごと楽しめるよう配慮(はいりょ)がなされています。隣接(りんせつ)の茶室は自由に見学でき、わび・さびの感じられる風情豊かな空間を楽しめます。展示品の魅力もさることながら、入り口から見える1本のカエデの木の美しさも見所となっていて、秋の紅葉シーズンには記念撮影(さつえい)が後を絶(た)たない名所のひとつとなっています!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る